<< 流行やブームに惑わされないで。 | main | 次のブログに移ります。 >>

スポンサーサイト

0
    • 2011.10.14 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    子供が病む時は、親からの影響の可能性も有ります。

    0
      私は親が悪いというつもりは無いですが、子供が精神病(脳病)に成るときは、
      親からの影響も大きいと思います。



      私も母親の病的な考え方が伝染しました。毎日、母親とは過ごします。
      母親の暗い考え方を信じていたら、
      毎日が楽しく無くなります。
      母親の考え方や意見を捨てたら、
      私は楽に成りました。



      子供の精神病克服には、
      家庭内の間違った文化や親との関係を観する必要が有ると思います。
      勿論、例外もあるでしょう。
      またうつ病から統合失調症まで、謎の苦しみは「肉体」に起因する場合も大半だと思います。
      (塩分不足・肩、首、背、腕のこりによる脳虚血・糖分の取りすぎ)



      しかし、「子供を治そう」とするとうまくいかないパターンが多いと私は経験から思います。
      やはり親が変わる必要も有ると思います。家庭内の改革も必要です。
      例外は有りますが、
      母親が前に出たり、女性の感情的な意見が通る家庭は大抵が不幸になりがちです。



      精神病は世界中で増えていますが、
      対策には、
      薬中心の医療・間違った男女平等と、
      社会の根本から考える必要があると、
      私は僭越ながら感じます。



      家族とは何か?
      男女のジェンダーとは何か?


      そういう事も家庭内で語り合うのも良いかもしれません。
      知識人が必ずしも人生について語れるかは分かりません。




      スポンサーサイト

      0
        • 2011.10.14 Friday
        • -
        • 18:04
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク