<< 寒さとメンタル:低体温に気をつけて下さい | main | 肩こりや首の歪みとうつ病 >>

スポンサーサイト

0
    • 2011.10.14 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    私が自分と対話して分かった事。母との関係

    0
      母がまだ偏差値主義やお受験にはまっていた時、母はかなりヒステリーでした。


      ヒステリックな部分は私にも伝染して私もかなり怒りっぽかったです。


      父が家庭の統制を行ってから、我が家はとても良くなりました。
      私は母の間違った学校論を信じていましたが、
      徐々に解放されました。



      私は母からの愛情に飢えていました、特に小学生の頃に。
      母は他人への愛情表現が下手でした。
      私はさみしい思いを小さい頃によく体験していました。



      私の病気は2010年頃に、首や肩のマッサージを父にしてもらってから暫くして回復しました。


      しかし回復以降も、私はどこか心の中で漠然とした不安や蟠(ワダカマ)りが有りました。
      これは父に頼らず自分で何とかするしかないと思い。


      川原で川を見たりして、何ヵ月も考えました。
      私が本当に欲しているものは何かと・・。


      私は自分の内面と対話するうちに、母親と仲良くしたい、母に言いたい事があると思いつきました。


      結局、母に甘えたい気持ちが残っていたのです。母はその頃には父に説得されて偏差値教育を捨てていました。


      会話はようやく可能でした。
      私は母と何度も会話しました。


      すると、母親自身がいわゆるアダルトチルドレンつまり子供時代に親から傷つけられた人だとわかりました。



      (続く)



      スポンサーサイト

      0
        • 2011.10.14 Friday
        • -
        • 22:17
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM